ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Office 2019とOffice 2016の比較:アップグレードすべき理由

Office 2019とOffice 2016の比較:アップグレードすべき理由

前回のスタンドアローン発売から3年、ついにOfficeの新バージョンも登場しました。 今日は、Office 2019とその旧バージョンであるOffice 2016の違いを見て、なぜアップグレードが必要なのかをお伝えします。
まず、Office 2019は1回限りのリリースであり、Officeの最後の永久ライセンスになるのではないかと疑う人もいますが、それは違います。マイクロソフトは、現在は提供していないOffice 2021のプレビュー版を公開しました。 しかし、Microsoft社がOffice 365のサブスクリプションモデルに重点を置くようになったため、永久ライセンスは長くは続かないでしょう。

Office 2019とOffice 2016の比較:アップグレードすべき理由-1

そのため、Office 2019のライセンスを一度購入すれば、有効期限はありません。しかし、Microsoftが展開する可能性のある豪華な新アップデートも手に入れることはできません。 とはいえ、クラウドを利用しない、あるいは利用できないユーザー、高度なオプションを必要としないユーザー、一人で仕事をするユーザーにとっては、スタンドアロンは価値ある投資であり、アップグレードする価値のある新機能もいくつかあります。

では、何が新しいのか?

Wordについては、新機能として

  • テキスト読み上げ
  • インクとアクセシビリティの向上
  • フォーカスモード
  • 翻訳者
  • 学習ツール(キャプション、音声ガイド
  • 黒テーマ
  • @メンション

Officeの音声合成機能を複数の言語(英語、ポルトガル語、スペイン語、オランダ語)でテストしましたが、どの言語でも良い語り口の結果が得られたことに驚きました。 これには、第二言語での抜粋の選択も含まれます。 また、ポルトガル語と英語を組み合わせたテストでは、両者の間をシームレスに行き来することができました。 また、いくつかの言語で翻訳をテストしてみましたが、完璧ではないものの(例えば、英語の性別をポルトガル語に正しく翻訳できなかったのは確かです)、通常のウェブ翻訳よりもはるかに高速に翻訳できました。

PowerPointには次のものがあります:

  • プレゼンテーションのスライドを並べ替えるズーム機能
  • 変形遷移特性
  • アイコン、SVG、3Dモデルの挿入・管理機能
  • ローミングペンシルケースの改良

エクセルは:

  • ファネルチャート、2Dマップ、タイムライン
  • 新しいExcel関数とコネクタ
  • ExcelをPowerBIに公開する機能
  • PowerPivot增强
  • PowerQuery增强
  • @メンション

コラボレーションオーサリング、新しいデータタイプ(株式など)やその他の新機能を利用するには、Office 365のサブスクリプションも必要です。

Outlookには現在次のものがあります:

  • コンタクトカードの更新
  • Office 365グループ(Exchange Onlineが必要 )
  • @メンション
  • 重要受信トレイ
  • トラベル&デリバリーサマリーカード

OneNoteでは、デスクトップアプリケーションが、Windows 10に搭載されている「OneNote for Windows 10」に変更されました。 ただし、OneNote 2016を使いたい場合は、Office Deployment Toolを使ってインストールすることができます。 Macユーザーの場合、OneNoteはOffice 2019の一部としてインストールされ、手動で削除した後に再インストールしたい場合は、Apple App Storeから無料でダウンロードしてインストールすることができます。

私のパソコンでも動作しますか?

状況に応じて まず、お使いのOSが、Windows 10、Windows Server 2019、macOSの3つの最新バージョンである必要があります。 マイクロソフトは、macOSに新たなメジャーアップデートが行われるたびに、古いバージョンのサポートを打ち切り、新しいバージョンに置き換えています。

1.6GHz以上の処理能力と2コア以上のプロセッサが必要です。 MacOSの場合は、インテルのプロセッサーであれば何でもOKです。 現在、Mac M1プロセッサがサポートされています。

メモリ:Windowsでは4GB(32ビット版をお使いの場合は2GB)、Macでは4GB ハードドライブ:Windowsでは4.0GB、Macでは10GB

グラフィックスについては、WindowsではDirectX 9以上、Windows 10ではWDDM 2.0以上が必要です。 Macでは、グラフィックスの要件はありません。

Office 2019を購入するといくらになりますか?

Office 2019とOffice 2016の比較:アップグレードすべき理由-2Office Home & Student 2019 for Mac マイクロソフト公式価格:26,184円(税)、2つのMac OSに対応、Word、Excel、PowerPointを収録。

Office Personal 2019」マイクロソフト公式価格:32,784円(税別)。 Windows 10 PCのみ対応、Word、Excel、Outlookを含む。

Office Professional 2019 マイクロソフト公式価格:65,784円(税)、Windows 10 PCのみ。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Accessを含む。

Office Home & Business 2019マイクロソフト公式価格:38,284円(税)、Windows 10 PCとMac OSの両プラットフォームに対応。 収録内容:Word、Excel、PowerPoint、Outlook。 Floxストア価格:25,000円(税)。

Office 2019とOffice 2016の比較:アップグレードすべき理由-3

これは、Office 2016に比べて利用できるバージョン数が減少したことを意味し、今後導入される新機能にアクセスするためには、Office 365のサブスクリプションが必要となります。

アップデートしたほうがいいですか?

この質問に対するシンプルな答えは「イエス」です。 Office 2019でもOffice 365でも、Office 2016のクラウドサポートが2020年10月13日に終了するため、Officeのバージョンをアップグレードする必要があります。 その日が来ると、Office 2016のインストールは、ExchangeやOneDriveなどのマイクロソフトのクラウドベースのサービスへの接続ができなくなります。

 

Office 2019やMicrosoft 365についてもっと知りたいという方は、以下の記事が参考になるでしょう。

Office 365 ProPlusとOffice 2019の比較,あなたの未来の職場に最適なのは?

Office 2019とOffice 365の比較、Microsoft Officeのプランを比較

企業がOffice 2016を購入する時、Office 2016とOffice 365の違いは何ですか

Office 365とOffice 2019、一般の企業と個人はどのように選択して購入しますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X