ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / MacバージョンのOffice 2016は、相変わらずAppleコンピューターで強力なアプリケーションです

MacバージョンのOffice 2016は、相変わらずAppleコンピューターで強力なアプリケーションです

今まで、Office Home & Business 2016 for Mac相変わらずAppleコンピューターで強力なOfficeアプリケーションです。それと比較して、Office Home Business 2019 for Macの価格はより安くて機能的にも完全に足ります。

Office 2011 Macがリリースした後、5年後新しいOffice 2016 Macがリリースされました。すべての機能インターフェイスが改善されました。これは、待つ価値があります。 その後、MicrosoftはOffice 2016 Macバージョンの更新をリリースし、古い32ビットコードを64ビットコードに更新して、64ビットバージョンのOffice 2016 Macの起動と運行をより速くにします。

お支払いの方法

Microsoftは、WindowsバージョンのOfficeに精通している人々がMacバージョンのOffice を簡単に使用できるようにする同時に、MacバージョンのOfficeをこれまで以上に緊密にOSXエコシステムに統合しようとしています。 ユーザーは、Office Home Business 2016 for Macのプロダクトキーを11,000円で購入して使用できます。従来のモードでOfficeを購入する場合は、Office2016の永続バージョンを選択することをお勧めします。 Office 2016には別のオプションがあります。Office Professional Plus2016は、1回限りの料金9,800円(税込)です。 Office Professional Plus 2016には、Officeのすべてのアプリケーションコンポーネントが含まれています。 Office Home Business 2016と比較すると、Office Home BusinessにはAccess 2016、OneNote 2016、Publisher 2016は含まれていません。Office Professional Plus 2016はWindowsPCでのみ使用でき、Windows 7、Windows 8、Windows10をサポートしています。 Microsoftの最新のOfficeと比較すると、Office 2019はWindows10でのみ運行できます。

全てを変えました

Office2016の外観と性能はOffice2011よりも優れており、Office 2016 for Windowsと非常によく似ています。 リボンインターフェイスは、WindowsバージョンおよびOfficeモバイルアプリケーションと同じフラットな外観になるように再設計されました。 Macバージョンには、テキストスタイルの選択、数式の作成、および同様の機能のための最新の作業ウィンドウインターフェイスがあります。 長い間Windowsを使用しているユーザーは、Macバージョンのキー割り当てがWindowsのキー割り当てと同じであることに気付くでしょう。たとえば、Ctrl-Oは開くことを意味し、Ctrl-Fは検索を意味します。 Mac版で使用されます。Ctrlの代わりにCmdを押すことを忘れないでください。

20210319-42

Mac-ネイティブ

Office Home Business 2016またMacのネイティブ の機能を取得しました。例えば、ズーム機能やRetinaディスプレイのサポートなど、テキストとグラフィックスの解像度がこれまでになく鮮明になります。 WordとPowerPointを使用すると、複数のユーザーが同時に編集できます。 スイート全体が最新のコードで書き直されており、最新バージョンのOS X、特にYosemiteとElCapitanでのみ運行できます。

MicrosoftのSharePointサービスまたはOneDrive(Microsoft Storeでは無料)クラウドコンピューティングサービスを介したオンライン共有は、すべてのオフィスプラットフォーム間でシームレスです。 あるプラットフォームでの作業を停止してから、別のプラットフォームでの作業を完全に再開できます。Mac、Windows、iPadのバージョンで試してみましたが、クラウドに保存されている以前のバージョンのファイルを簡単に復元できます。

Office 2016 Macのキット

Office Home Business 2016 Macバージョンのキットには、Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016、OneNote2016が含まれています。 Microsoftは、このバージョンの前にOutlookとOneNoteを更新しました。また、2つのコンポーネントの最新バージョンは、人気があるにもかかわらず、マイナーアップグレードにすぎません。 Word、Excel、およびPowerPointはすべて、より高速で使いやすく、よりエレガントです。 ほとんどの機能はWindowsバージョンとほぼ同じですが、すべてではありません。 たとえば、MacバージョンではPDFファイルをインポートしたり、コンテンツから編集可能なOfficeドキュメントを作成したりすることはできませんが、Windowsバージョンではできます。 ただし、PowerPoint for Macは、「オブジェクトの並べ替え」機能においてWindowsバージョンよりも優れています。 Macでは、オブジェクトはアニメーション化された3Dビューで前後にドラッグすることで並べ替えられますが、Windowsでは、オブジェクトは不便なリスト形式で上下にドラッグされます。

以前のバージョンのOffice 2011 Macと比較して、一部の機能が表示されなくなりました。 たとえば、Wordの[レイアウトの公開]オプションを使用すると、Wordはワードプロセッシングプログラムというよりもページレイアウトアプリケーションのようになり、リボンのタブの順序を並べ替える機能がなくなりました。

Apple会社のWordのライバルであるPagesは、高級なタイポグラフィ、脚注、文末脚注の点で競合することはできません。 同様に、Numbersは、高級なテクノロジー作業においてExcelに遅れをとっています。 一方、Keynoteは多くの点でPowerPointより優れています。 Microsoftが提供する技術的機能の一部が欠けていますが、非常に強力で、ユーザーの選択を勝ち取った見事なプレゼンテーションを作成します。 一般的に、Appleのキットはかなり良いです。 ただし、全体として、Officeはそれを打ち負かします。

20210319-45

Office 2016 Macのインターフェイス

MacのリボンインターフェイスはWindowsバージョンと非常に一貫しています。2つのプラットフォームのタブと機能は同じですが、オペレーティングシステムを一致させるために、2つはわずかに異なります。たとえば、MacバージョンではリボンAが追加されます。他のすべてのOSXアプリケーションのメニューと同じように、一番上の行のメニューですが、Windowsバージョンにはリボンしかありません。

WindowsバージョンのOfficeでは、Wordにはフローティングインスペクターパネルではなくスタイルパネルがあり、Excelには数式作成パネルがあり、PowerPointにはアニメーションパネルがあります。 WordとPowerPointはスレッド化されたコメントを取得します-コメントを前のコメントにリンクして、折りたたみ可能なディスカッションスレッドを作成できます。 Excelは、Windowsバージョン、ピボットテーブルスライサー、および改善されたオートコンプリートから強力な推奨チャート関数を取得しました。 Word Macはついに私がいつも望んでいた機能を手に入れました。ページ間の空白部分をクリックしてヘッダーとフッターを非表示にすると、テキストがページ間を細い線だけで次のページに流れるようになります。 1インチ以上の空白。

2015年にOffice2016 for Macが最初にリリースされたとき、最初のリリースに小さなバグがあることに気づきました。 Word文書をPDFとして保存すると、URLに余分な文字が追加されるため、保存したPDFのハイパーリンクを使用できません。 ただし、最新のアップデートでは、この問題は修正されています。

Mac MVP

一般に、Office 2016 for Macは非常に成功したアップデートであり、Officeの本質をAppleユーザーにもたらします。 あなたがオフィススイートを選ぶつもりなら、その選択は高度な機能を必要とする人にとっては明らかです。 WordとExcelはAppleのPagesand Numbersを上回り、PowerPointはAppleの強力なKeynoteに非常に近いため、OfficeユーザーはKeynoteユーザーを羨ましがることはありません。 Office 2016 for Macは、間違いなくOSX Office Suite Editor’s ChoiceAwardを受賞しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X