ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Office 2019を購入する価値がありますか

Office 2019を購入する価値がありますか

よく受け取った問題はOffice 2019がアップグレードの価値がありますか。 ここで分解します。

Office 2019を購入する価値がありますか-1

Microsoft Office 2019は何でしょうか?

Office 2019はクラウドベースではなく、Officeソフトウェアのローカルバージョンです。 これは永久バージョンです。これは商品を購入する時に一回はそれを永久に所有することを意味します。購読費や何回も購読料を支払う代わりに、それを利用します。

Office 2019を使用するとどんなメリットがありますか?

Office 2019を通じて、Microsoftの最新バージョンを使用できます。

Word:Wordの外観が新しい、黒をテーマにしています。 しかし、それはあなたが慣れたすべての機能を持っています。 また、Office 2019のWord には学習ツール、新しいテストの音声変換機能及び個性化できる音声も含まれています。

関連記事:Microsoft Word-2010 vs.2013 vs.2016 vs.2019バージョン比較ガイド

Outlook:Outlookの改善されたユーザー情報、サポート、受信箱の外観が好きです。

  • コンタクトカードの更新
  • Office 365 グループ
  • @メンション
  • 重要受信トレイ
  • 旅行セットカード

Excel:22019版Excelは、Power Pivot、2D地図、Power Queryの強化機能など、いくつかの素晴らしい新機能を導入しました。 新しい数式、新しいグラフ(漏斗図や2 D地図など)にアクセスできます。また、ExcelからPower BIに仕事を投稿できます。

関連記事:違うバージョンのMicrosoft Excel-2010と 2013 と2016 と 2019を比較します

PowerPoint:新しいバージョンは図形を管理する方式を改善しました。 これらを3 Dビューに変換することもできます。 PowerPointは現在、ZoomやMorphなどの強化機能を備えており、より複雑でダイナミックなプレゼンテーションを提供できます。

OneNote:これはOffice 2019の新しいバージョンです。OneNote 2016に代わることができます。しかし、2016年のバージョンはまだ利用可能で、2025年までサポートされています。OneNoteは現在、テキストの墨跡変換をサポートしています。これは手書きの文字を入力テキストに変換できるという意味です。

あなたが好きのこれらの新しい機能:

墨跡書き:Office 2019のすべてのアプリケーションの新しい墨跡書き機能、例えば圧力センサー、及び筆の角度によって墨跡の厚さを調整する傾斜効果があります。 それはさらにローミングできる筆箱があります。お気に入りの万年筆、鉛筆、蛍光ペンを置いて整理して、いろいろな設備でローミングします。

簡単共有:新版Officeは共有をより楽にします。 Office 2019は、画面右上の各アプリケーションに共有ボタンがあります。 クリックするだけで文書を共有できます。 これは、さまざまな部門と組織全体でドキュメントを共有することができます。

よりスマートな添付ファイル:初期バージョンのOfficeでは、ドキュメントを電子メールに添付しないと他の人に送信できません。必要なファイルを検索してください。 共有する文書が最近処理された場合、Outlookの共有ボタンや最近処理した文書をクリックしたときに表示されます。

改善されたバージョン履歴:現在、Office 2019はファイルメニューに履歴部分を持っています。簡単にファイルにアクセスできるようにします。

Delve:Office 2016に統合された新しいツールです。保存データの様々な側面にアクセスできることを保証します。Officeで共有または作成されたドキュメントを含みます。これにより、検索ドキュメントがより簡単になります。

前述のように、Office 2019は独立したプログラムであり、クラウドを使いたくない、またはクラウドにアクセスできない企業ユーザーに適用されます。 したがって、Office 365に含まれるほとんどの機能は、Office 2019にはなく、例えばリアルタイム編集機能と連携する。

Microsoftは、Office 2019に移るにしろ、Office 365を使うにしろ、遅延してはいけないと提案しています。これはOffice 2016クラウドサポートが2020年に停止されるからです。Office 2016インストールは、Microsoftに接続することが禁止されているクラウドベースのサービスで、委託電子メール(Exchange)とオンラインストア(OneDrive for Business)を含み、2020年10月13日以降です。

Office 2019はどんな違うバージョンがあります。

以下に強調表示されるのはOffice 2019バージョンです。

Home&Student:コアアプリケーションのみを含みます。
Home&Business:コアアプリケーションとOutlookを含みます。
Standard:一括許可チャネルのみで獲得できます。コアアプリケーションとOutlookとPublisherが含まれます。
Professional:コアアプリケーションとOutlook、PublisherとAccessを含む。Windows Installerを使ってオフラインインストールを行います。
Professional Plus:ロットでしか入手できません。コアアプリケーションとOutlook、Publisher、AccessとSkype for Businessを含みます。 点すなわち方法を使ってオンラインインストールを行います。

 

Office 2019を購入する価値がありますか-1

Microsoft Office 2019 Home and Student

Office Home and Studentは家庭用にとても適しています。教師と学生は学校で使います。作家にも効果的です。 それはOneNoteも含まれています。学生や作家にとても適しています。 OneNoteは詳細なノートを保留して、研究に満ちています。 テキスト、画像、オーディオを追加して、過去最高のメモ体験をすることができます。

Microsoft Office 2019 Home and Business

Microsoft Office 2019 Home and BusinessはHome and Studentと非常に似ています。Outlookを追加して、中小企業の理想的な選択にします。すべてのコアアプリケーションもここにあります。これはOffice Home and Businessの間の唯一の違いです。

Microsoft Office 2019 Standard

Microsoft Office 2019 Standardはロットでしか使えません。中型から大企業までの理想的な選択です。Office 2019のすべての小バージョンの機能が含まれていますが、通信用のOutlookとPublisherも含まれています。後者は簡単で専門的なデスクトップ出版機能を持ってきました。

Microsoft Office 2019 Professional

Office Professional 2019は、コアアプリケーションおよびOutlook、Publisher、およびAccessを含む。Windows Installerを使ってオフラインインストールを行います。これは企業と大企業が必要とする権力の所在です。Accessはデータベース管理システムで、企業に大量の顧客データと多くのデータを格納する手段を提供しています。これは専門版でしか使えません。

Microsoft Office 2019 Professional Plus

Office Professional Plus 2019はバッチライセンスでしか入手できません。 それはコアアプリケーションとOutlook、Publisher、AccessとSkype for Businessを含みます。 点すなわち方法を使ってオンラインインストールを行います。

Microsoft Office 2019 for Mac

Macユーザーは騙されたと感じるべきではない。 数年来、Macユーザーはずっとマイクロソフトが彼らを外に排除すると思っていますが、今はもうそうではありません。 現在、マイクロソフトはMacユーザーにPCユーザーが持つ相当のオフィスセットを提供しています。Office for Mac 2019は2つの特定バージョンを持っています。

Office 2019を購入する価値がありますか-1

Office for MacはApple macOSの2つの最新バージョンをサポートします。

Microsoft Office for Mac 2019 Home and Student

Microsoft Office 2019 Home and Student for Macはアプリケーションと機能の完璧な組み合わせで、レジャーや専門ユーザーに適しています。彼らは高級なビジネス機能が必要ではありませんが、必要なアプリケーションの生産力を全部欲しいです。このバージョンのOffice 2019はついにMacユーザーの大多数を提供しました。彼らは以前のマイクロソフトOfficeバージョンに不足していたと思っています。

このバージョンはパソコンのバージョンのように、一般ユーザーと学生に必要なすべての生産力を提供します。コアプログラムWord、Excel、PowerPointが見られます。それらはすべて前の年にOffice 365に導入された最新機能を更新しました。オペレーティングシステムによって、細かい変化がありますが、全体としては、Office 2019 for MacとOffice 2019 for PCで得られた作業効率と性能は同じです。

Office for Mac 2019 Home and Business

Macユーザーに適用されるMicrosoft Office Home Business 2019。コアアプリケーション、Word、Excel、PowerPoint、および強力なOutlook電子メール管理を含みます。 コアアプリケーションとOutlookが含まれています。 最大の違いは、ロットの許可に使用できます。大企業に適しているということです。

最新バージョン(2019)のMicrosoft Office製品を紹介しますが、Office for Mac 2016を買うことで少し節約できます。コアアプリケーションはこの二つの製品の中にあります。同じHome and Student、Home and Businessもあります。Office 2016を選択すると、お金が節約されますが、実質的な更新が失われます。

Office 2019を購入する価値がありますか-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X