ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / 企業がOffice 2016を購入する時、Office 2016とOffice 365の違いは何ですか

企業がOffice 2016を購入する時、Office 2016とOffice 365の違いは何ですか

あなたの企業のため、Microsoft Officeを購入したい場合、沢山選択があります。しかし、これらのオプションの違い(最も目立つなのはOffice2016とOffice365の違い)を理解することは混乱を招く可能性があります。

簡単で紹介します:Office 2016は、Office生産性スイート(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンであり、通常はデスクトップからアクセスします。 Office 365は、Office2016を含む一連のプログラムのクラウドベースのサブスクリプションです。 これは、Office2016の購入を選択できることを意味します。Office365の永続的な使用またはサブスクリプションです。

(現在Office 2019を購入できます。次の投稿はまだ正しいですが、Office2019とOffice 365の間には、以前のOfficeバージョンよりも多くの違いがあります。 ここで機能を比較できます。【Office 365とOffice 2019、一般の企業と個人はどのように選択して購入しますか】)

20210322-24

以下は、各オプションから取得する情報です(注意:これは、Office 365のビジネスプランとエンタープライズプランに特に関係します)。

永続使用のOffice 2016

企業には、Office 2016の二つ独立バージョンOffice 2016から選択できます。

Office Home Business 2016

Word、Excel、PowerPoint、OneNote和Outlookがふくまれます)、各台のPCの販売価格は11,000円(Macのユーザーは必ずOffice Home&Business 2016 for Macを購入します)

Office Professional 2016 Plus

Office Home&Business 2016の全てのコンテンツがふくまれます。追加のPublisherとAccess、各台のPCの販売価格は9,800円です(Macとの互換性はありません)

永続使用のバージョンはファイルをグラウンドに保存する機能が含まれます。これにより、特に同じ物理的な場所で作業していないチームの場合、コラボレーションがより簡単になります。

Office 365の一部としているOffice 2016

Office 2016を購入してOffice 365計画の一部とする場合、より多い計画オプションとより多い機能があります。

全てのOffice 365の計画に含まれているのは:

  • Officeのオンラインバージョン(Word、PowerPoint、Excel)
  • (ファイルストレージおよび共有ユーザーごとに1 TB(OneDrive)
  • Swayプレゼンテーションの作成者(この記事ではSwayとPowerPointの違いを理解してください)
  • 99%の正常に実行時間を保証します
  • 世界級のデーターセキュリティ
  • ユーザーの権限を取得するため、ActiveDirectoryを統合する

Office 365プランを使用すると、上記の機能に加えて、次の機能も利用できます。

  • 各ユーザーは、最大5台のコンピューターでフルデスクトップバージョンのOffice(Word、PowerPoint、Excel、OneNote、およびPublisher)を使用できます。
  • タブレットまたは携帯電話のOffice(オペレーティングシステムを考慮しなくて、ほとんどのタブレットおよび携帯電話と互換性があります)
  • 各ユーザーは50GBのOutlook受信箱スペースを使用できます
  • SharePoint(カスタマイズ可能のintranet)
  • Skype for Businessインスタントメッセージングツール(電話システムとしても使用できます)
  • Yammer(企業社交ネットワーク)
  • コンプライアンス保護(電子メールの暗号化、データ損失の防止など)

どちらが私に適していますか? 考慮すべき要素:

20210322-25

どのバージョンのOffice 2016またはOffice 365はあなたにてきしていることを決めている時、以下のいくつかのことを考える可能です。

必要があるプログラムと機能

まず、どのプログラムと機能があなたにとって重要かを考えてください。 Word、PowerPoint、Excelなどの基本的なOfficeプログラムのみが必要な場合は、Office 2016 Home&Businessまたは下位レベルのOffice365プランで十分な場合があります。 より強力なもの、またはSharePointなどのプログラムへのアクセスを探している場合は、Office365が必要になります。

  • Office 2016:永続使用バージョンのOffice 2016と以前のバージョンのOfficeは同じ、新しいバージョンのOfficeをインストールする前に、新機能を使用できません。
  • Office 365:Office 365はサブスクリプションサービスであるため、新機能を使用可能の時、それを使用できます。そして、より多い機能をアクセスできます。

アクセス可能性

複数のデバイスから情報にアクセスする必要がある場合は、Office365が一番良い選択です。 Office 2016のファイルはクラウドに保存できますが、Office 365には、より多くのアクセスオプションに加えて、Officeを複数のマシンにインストールする機能があります。 また、インターネットに接続されている任意のデバイスからOfficeプログラムのオンラインバージョンにアクセスすることもできます。

プラン間の変更

プランをアップグレードする必要がありますか?

  • Office 2016:Office 2016は永続的なソフトウェアであるため、機能を追加したりアップグレードしたりする必要がある場合は、すべてのユーザーの新しいライセンスを購入してインストールする必要があります。 つまり、Office 2019の新機能を使用する必要がある場合は、Office 2019を再購入する必要があります。。
  • Office 365:Office 365ユーザーは、管理センターでいつでもプランを切り替えることができます。

価格

ユーザーごとにいくら支払うことができますか? 最初に多額の料金を支払うのか、それとも少額の月額料金を支払うのか。

  • Office 2016:単機版はユーザーごとに1回払いであるため、初期費用は非常に高くなりますが、その後は月額料金を支払う必要はありません。
  • office 365:office365はサブスクリプションプランです。つまり、前払いで料金を支払う必要はありませんが、ユーザーごとに毎月固定の月額料金を支払うことになります。 前払いで多額の資金を支払うのに十分な資金がない場合は、すべての機能が必要ない場合でも、これがより良いオプションになる可能性があります。

Office 2016の永続使用バージョンの価格情報:

Microsoft Office 2016 Home and Business for Macダウンロード版 プロダクトキーを購入

Office 2016 Home and Business for Mac日本語版の正規版プロダクトキー で、マイクロソフト公式サイトで 正規版ソフトをダウンロードして 永続使用できます

価格:¥11,000 (税込)

搭載Mac版アプリケーション:Word, Excel, PowerPoint, Outlook


Microsoft Office 2016 Professional Plusダウンロード版 プロダクトキーを購入

Office 2016 Professional Plus 日本語版の正規版プロダクトキーで、マイクロソフト公式サイトで正規版ソフトをダウンロードして永続使用できます

価格:¥9,800 (税込)

搭載アプリケーション:Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、OneNote(ワンノート)、Outlook(アウトルック)、Publisher(パブリッシャー)、Access(アクセス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X