ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Windows 10 ProとWindows 10 Enterprise:どのバージョンを購入すれば、企業での使用により適していますか

Windows 10 ProとWindows 10 Enterprise:どのバージョンを購入すれば、企業での使用により適していますか

あなたの中小企業でどのバージョンのWindowsを使用するべきかを確認します

ebusiness

あなたの小企業でどのバージョンのWindowsを使用するべきか知りたいですか。一人で使用ではないため。多数の起業者にとって、Windows 10 ProfessionalまたはWindows 10 Enterprise選択できます。どちらも手頃な価格のデバイスで広く使用でき、エンドユーザーにほぼ同じ体験を提供します。 Word、Excel、PowerPoint、およびその他すべてのWindowsバックアッププログラム、およびWindowsストアへのアクセスは、すべてのバージョンで同じです。

ただし、Windows 10 ProWindows 10 Enterpriseサービスパックに含まれる機能が異なり、価格も異なります。

機能紹介 Windows 10 Professional Windows 10 Enterprise
安全性 Windowsの情報保護、BitLocker、BitLocker to Go、Windows Defenderのウイルス防止と自動更新 Windowsの情報保護、BitLocker、BitLocker to Go、Windows Defenderウイルス防止、Windows Defender資格情報の保護、Windows Defenderアプリケーションの制御、Windows Defenderの高級な脅威保護、および自動更新
価格 ¥9,800 (税込)購買 ¥9,800 (税込)購買
特徴 Windowsデバイスの展開を自動的に簡素化 Microsoftアプリケーション仮想化(App-V)およびMicrosoftユーザー環境仮想化集中型アプリケーション

Windows 10 Pro

Windows 10 Proは専門者のために構築されています。その技術サポートが限られているか、全くないでも、モバイルデバイス管理、リモートデスクトップアクセス、複数のログインを持つ共有デバイス、およびMicrosoftIntuneなどのビジネスレベルの機能を使用したいと考えています。

安全性

Windows 10 Proのデフォルト安全設定は多数の小型企業に適しており、更新は比較的自動的に行われます。 つまり、安全設定をいじりたくない場合は、これを行う必要はありません。 プロンプトが表示されたら、更新を実行するだけです。 また、BitLockerとBitLocker to Go、およびWindows DefenderAntivirusが付属しています。

価格

1回限りの定価は1ライセンス27,800円ですが、企業の場合、一括購入と引き換えに割引がバンドルされることがよくあります。

優れた機能:ユーザーフレンドリーなデバイス管理

Windows 10 Proの組み込み機能であるWindows Autopilotを使用すると、中小企業は従業員のために新しいデバイスを簡単に展開できます。 Microsoftまたは協力することを選択したハードウェアベンダーを使用して、組織に新しいデバイスを登録します。 ビジネスオーナーは、特定の設定またはアプリケーションを含む構成ファイルを作成して、デフォルト設定をカスタマイズすることを選択できます。

自動展開モードを選択した場合は、一度だけ実行する必要があります。 その後、ビジネス用に購入した自動運転をサポートするすべての追加デバイスは、仕様に従って自動的に構成されるため、手動で構成する必要はありません。 新規ユーザーは、ラップトップまたはデスクトップコンピューターを開梱して作業を開始するだけです。 さらに、同じデバイスに対して異なる構成ファイルを作成することもできます。複数の従業員が同じコンピューターを使用している場合、ユーザーはリモートまたは仕事以外のコンピューターからデスクトップにリモートアクセスすることもできます。これは理想的です。

Windows 10 Enterprise

d471845b40fecbe2a0ae78465edb01db

どの規模の企業でもWindows 10 Enterpriseを使用できますが、主に大中型の企業のために構築されています。例外の状況には、強力なセキュリティニーズを持つ中小企業や熟練した社内技術専門家が含まれる場合があります。

安全性

Windows 10 EnterpriseはIT部門に大きな自由を提供し、IT部門が希望に応じてセキュリティを管理できるようにします。 これらのエンタープライズレベルの機能を通じて、IT部門は、いくつのことをできます。例えば、デバイスのリモート管理、Azureを使用した仮想デスクトップの提供、オペレーティングシステムの更新の制御、アプリケーションの管理、Microsoftのスマートセキュリティマップを介したセキュリティ分析へのアクセス、データ漏洩の特定と管理、カスタム検出アラートと抽出レポートを作成できます。

価格

エンタープライズSaaSレベルで一般的な価格要求をMicrosoftに送信する必要があります。 電話をかける前に、必要なライセンスの数を確認してください。そうしないと、見積もりが不正確になる可能性があります。

優れた機能:大規模な企業のツール

Windows 10 Enterpriseにアップグレードすると、ユーザーは、Windowsの低レベルバージョンに含まれるすべてのコンテンツ、および大企業向けに調整された他の一連のソリューションにアクセスできます。

Windows DefenderWindows 10 ProにはWindowsDefenderウイルス対策ソフトウェアが含まれていますが、すべてのEnterprise Editionサブスクリプションには、Credential Guard、Application Guard、Application Control、およびAdvanced Threat Protection(ATP)の4つの追加サブ製品が含まれています。 Credential Guard、Application Guard、Application Control、およびAdvanced Threat Protection(ATP)。 これらのソフトウェアツールは、Windows 10 Enterpriseの高度なセキュリティ機能を構成します

仮想化:Microsoftアプリケーション仮想化(App-V)とMicrosoftユーザー環境仮想化(UE-V)はどちらも、エンタープライズサブスクリプションの標準構成であり、企業はWin23アプリケーションをサーバーに一元化し、すべての設定とアカウントを1か所で管理できます。 これにより、エンドユーザーへの影響はほとんどありませんが、IT部門はより高いレベルの監視を実行してアプリケーションのセキュリティを向上させることができます。

どのバージョンのWindows10を購入する必要がありますか

中小企業の所有者または個人の請負業者であり、一般的なセキュリティニーズがあり、実際のセキュリティ管理に関心がない場合は、Windows 10 Proを選択できます。 Microsoftに加えて、Dell、HP、Lenovo、Panasonic、Toshiba、LG、およびその他の有名なブランドが、Windows 10 Proで構成できるラップトップを販売しています。

社内の技術サポートを備えた中規模または大規模の企業を所有している場合は、ITチームに従ってください。 Windows 10 Enterpriseを選択するように言われた場合は、Microsoftに見積もりを依頼する必要があります。 アドバイスするITサポートがない場合は、エンタープライズレベルのセキュリティが必要になる可能性はほとんどありません。

Windows10のプロダクトキーを購入する

価格:¥9,800 (税込)

価格:¥8,900 (税込)

価格:¥9,800 (税込)

価格:¥13,800 (税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X