ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Windows 10 HomeとWindows 10 Proの価格と機能を比較し、アップグレードする価値があるかどうか

Windows 10 HomeとWindows 10 Proの価格と機能を比較し、アップグレードする価値があるかどうか

20210209_

Microsoftが提供したWindows 10 OSに二つバージョンがあり、ユーザーは選べます。Windows 10 HomeWindows 10 Proには、以前発表した Windowsバージョンにより、ユーザーが選択するバージョンはより少ないです。名称から見て、この2つバージョンを簡単に理解できます。Windows 10 Proにはユーザーが仕事で使用されますが、Windows 10 Home は個人家庭で使用されます。しかし、二つのバージョンには本当の違いは何でしょうか。次はWindows 10 HomeとWindows 10 Proの価格と機能の対比することをご覧ください。

全体的な調査結果

Windows 10 Home

  • 価格:8900円
  • Windows 10 Proにアップグレートするには別で払う必要があります
  • 家庭バージョンで使用しているWindows Store
  • ワーキンググループに参加できます

Windows 10 Pro

  • 価格:8500円
  • ビジネスで使用しているWindows Store
  • 追加の安全機能
  • 企業の管理ツール
  • Azure ActiveDirectoryドメインに参加できます

適切なバージョンのWindowsを選択してください

オペレーティングシステムのニーズを理解すると、Windows 10HomeとWindows10 Proのどちらを選択するかを決めるのに役立ちます。ホームユーザーの場合、Windows 10Homeはコンピューターのすべてのニーズを満たします。機能などの複雑な機能が必要な場合,例えネットワークドメインまたは複数のコンピューター(小規模オフィスなど)のポリシーグループを管理する能力、Windows10Proには、管理をシンプルかつ一元化できるこれらの高度な機能があります。

ネットワークのニーズがそれほど複雑ではない場合、またはコンピューターが1台しかない場合、Windows 10 Homeはあなたのニーズに満たすはずです。予算が限られている場合、Windows 10 Homeの価格は比較的に低いです。もし、これからもっと多い高級の機能の必要がある場合、有料でWindows 10 Proにアップグレードすることができます。Windows 10 Proのプロダクトキー を再購入する必要はありません。

20210209_-1

Windows 10 Proにより多い機能があります

Windows 10 Homeがサポートしている機能

  • リモートデスクトップには、サードパーティアプリケーションのインストールする必要があります
  • 仮想デスクトップをサポートするためにサードパーティのアプリケーションをインストールする必要がある(例えばVMware Workstation 16 Pro
  • ホームで使用するのWindows Store
  • Windows Updateを使用してシステムの更新を行います

Windows 10 Proがサポートしている機能

  • 企業モードのInternet Explorer
  • リモートデスクトップ
  • クライアントHyper-V
  • 戦略グループ管理
  • Azure Active Directoryを使用している企業の状態ローミング
  • 訪問を指定する
  • 動的供給
  • Windows Update for Business
  • PCの配置を共有する

最終的に言うと、Windows 10 ProはWindows 10 Homeより多い機能を提供します。その原因でWindows 10 Proの方が高いです。Windows 10 Homeのすべての機能はWindows 10 Proで実現でき、他の機能はほとんど同じです

機能の数量の違いは、認証を有効にするプロダクトキーがHomeかProか決めます。新しいPCにWindowsを初めてインストールするときは、Windows10のプロダクトキーを入力する必要があります。プロダクトキーの文字数は25文字で作成した製品番号です。 もしWindows 10 Proのプロダクトキーを購入した場合、Windowsシステムをインストールする時、インストーラーがプロダクトキーのバージョンを自動的に判別し、対応するWindows10バージョンを自動的にインストールします。

プロダクトキーが肝心です。Windowsシステムは一連の機能を提供します。Homeバージョンでは通常のユーザーが必要とする機能で十分ですが、通常の組み込み機能のみです。Proはより専門的な機能を提供します。それはシステム管理者専用が使用するツールです。

ではProバージョンに追加された機能は何ですか。それはあなたが必要とする機能ですか

Windows 10 Proに追加の安全機能があります

Windows 10 Home

  • サードパーティのアプリケーションを購入して暗号化になる必要があります
  • Windows Defenderウイルス対策ソフト
  • Windows Hello

Windows 10 Pro

  • 組み込みの暗号化管理ツール(BitLocker)
  • Windows Defenderアンチウイルス
  • Windows Hello
  • Windows情報保護

ユーザー管理機能に加えて、Windows 10 ProにはMicrosoftの暗号化ツールBitLockerもあり、オペレーティングシステムのディスク(C:ドライブなど)またはその他のリムーバブルドライブを保護できます。

20210209_-2使用できるディスク暗号化ツールは他にもありますが、BitLockerの方が安全であり、システム管理者はクラックされることを心配する必要はありません。

Windows 10 HomeはWindowsの基本の機能はありません

Windows 10 Home

  • リモートデスクトップには、サードパーティアプリケーションのインストールする必要があります
  • 仮想デスクトップはサードパーティのアプリケーションをインストールする必要があります

Windows 10 Pro

  • ドメインに参加できます
  • Azure Active Directoryドメインに参加できます
  • 企業モードのInternet Explorer
  • リモートデスクトップを集中で管理する
  • クライアントHyper-V

Windowsの基本機能には、すでにしばらくの間Windowsに存在している機能が含まれています。最初にProバージョンとHomeバージョンに分割されたときまでさかのぼることはできます。

以下はPro専用の機能の一覧です。HomeバージョンのユーザーはProバージョンにアップグレードした後にのみ使用できます。

ドメインへの参加:Windowsドメインは、ビジネスネットワークの基本コンポーネントの1つであり、ファイルドライブやプリンターなどのネットワークリソースへのアクセスを制御します。

Azure Active Directoryドメインに参加し、クラウドでホストされているアプリケーションを使用して個別にログインする:エンタープライズアプリケーションにアクセスするための資格情報を覚えておくのは負担であり、管理者はこれらのアカウントを維持するのが困難です。 個別ログインは、ユーザー名とパスワードを維持する方法であり、必要に応じて認証に使用できます。 Microsoftは、Windows 10Proを使用している組織が使用できるようにActive Directoryサービス(Azureクラウドから実行)を提供しています。

エンタープライズモードInternetExplorer(EMIE):多くのWebベースのビジネスアプリケーションは、もともと古いバージョンのInternetExplorer用に構築されていました。 多くの企業は、新しいブラウザバージョンに更新せずため、アプリケーションが破壊されました。代わりに従業員にこれらの古いバージョンの使用を許可しています。 この機能により、新しいバージョンのInternet Explorerを使用しているユーザーは、過去の反復からこれらのエンジンを使用してWebサイトやWebページを読み込むことができます。ユーザーは、より優れたセキュリティを利用しながら、古い会社のアプリケーションとの互換性を享受できます。

リモートデスクトップ:自宅のコンピューターのリモートコントロールは、ほとんどすべてのユーザーが望んでいる機能です。 ただし、組み込みのWindowsリモートデスクトップ機能は、WindowsProのユーザーに限定されています。

クライアントHyper-V:ユーザーがMicrosoftの仮想マシンソリューションHyper-Vを使用するには、WindowsProを持つする必要があります、 これは組み込みの機能ですが、他のサードパーティアプリケーションを使用できます。 例えば、Oracle VirtualBoxを使用してWindowsでUbuntuまたはVMware Workstation 16 Proを 運行します.

VMware Workstation 16 Pro パーソナル デスクトップの仮想化を購入

 

20210209_-3 Windows 10 Proに管理機能と展開機能があります

Windows 10 Home

  • Windows Updateを通してWindowsを更新します

Windows 10 Pro

  • 戦略グループ管理
  • Azure Active Directoryを使用してエンタープライズステートローミングを実行します
  • ビジネスWindows Store
  • 指定されたアクセス権限を割り当てる
  • 動的なリソースを割り当てる
  • PCの配置を共有する
  • Windows Update for Business

パソコンの愛好家にとって、Windows 10Proの利点のいくつかはそれほど重要ではありません。 それでも、プロフェッショナルバージョンにアップグレードする場合は、ビジネス中心の機能をいくつか知っておく価値があります。

ポリシーグループを使用すると、管理者は、パスワードの複雑さや、ユーザーがネットワークリソースにアクセスできるか、アプリケーションをインストールできるかなどのセキュリティ要因など、ユーザーの役割を制限できます。

AzureActive Directoryを使用して企業の状態ローミングを実行するには:これにより、ユーザーはMicrosoftAzureクラウドを介してデバイス間で重要な設定とアプリケーション情報を同期できます。 これにはドキュメントとファイルは含まれません 。

Windows Store for Businessは、消費者向けのWindowsアプリケーションストアですが、ただエンタープライズユーザーがアプリケーションをまとめて購入できるようにします。 また、組織内のすべてのユーザーのこれらの購入またはサブスクリプションを管理することもできます。

アクセス許可を指定すると、管理者はPCの上に情報シートを作成でき、ユーザーは1つのアプリケーション(通常はWebブラウザー)にのみアクセスできます。

以前は、動的なリソース割り当てでは、新しいPCを組織で使用できるようにすることは困難な作業でした。 現在の管理者は、機能の有効化と無効化、会社のドメインでのユーザーとデバイスのセットアップ、およびアプリケーションのインストールのみを行う必要があります。 動的なリソース割り当てにより、管理者はUSBドライブに構成ファイルを作成できます。 新しいコンピューターがある場合、管理者はUSBドライブを挿入するだけで自動的に構成できます。

Windows Update for Businessはエンタープライズ中心のWindows Updateであり、管理者がコンピューターをいつ、どのように更新するかなどの更新を制御できるようにします。

共有PC構成:臨時従業員のアカウントを開くなど、1台のパソコンに複数の人を設定するのに適したモード。

ニーズに合ったバージョンを選択してください

コンピュータを購入したいとき、または店舗やオンラインでWindows PCを購入するときは、HomeとProのどちらかを選択する必要があります。 2つの理由から、購入する前に少し考えてみてください。

価格:ホームを選択した場合、マイクロソフトから購入した場合、19360円を支払います。 Windows 10Proは28,380円です。 ただし、Windows 10 Proにアップグレードする場合のアップグレード価格は10,380円で、合計で29,740円になります。 長期的には、アップグレードルートを利用するコストは高くなります。

Windows 10HomeからWindows10 Proへのアップグレード:一方、HomeEditionからProfessionalEditionへのアップグレードは非常に簡単です。 アップグレードするとき、Windows 10ProのプロダクトキーがWindows10Homeのプロダクトキーに置き換わります。

ある時点でこのコンピューターを商用目的で使用する予定がある場合、またはコストを気にしない場合は、Windows 10 Proのプロダクトキーを購入してください。 ただし、Professional Editionのエンタープライズレベルの機能が必要ない場合は、Windows 10 Homeを購入するのが最後の選択肢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X