ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / MacにWindows 10をインストールします。こちらのオップションは選択できます

MacにWindows 10をインストールします。こちらのオップションは選択できます

MacにWindows 10をインストールする場合、違う選択があります。これらの選択はすべてユーザーの個人情報によって、決めます。これらの提示や標準があれば、あなたは良い決定アシスタントがあって、MacであなたのWindowsプログラムのために正しいツールを使うことができます。

MacにWindows 10をインストールします。こちらのオップションは選択できます-1

Apple Bootcampによって、 MacにWindowsをインストールします。

Macに Windows 10 をインストールする最も人気のある方法の人すは、絶対にBootcampです。 Appleはこの無料のソリューションをMacに持ち込み、PCユーザーはiMacとMac bookでライバルのMicrosoftからWindowsオペレーティングシステムを利用できるようにしています。Mac上でBootcampを通じてWindowsをインストールする前に、まずシステムの要求をチェックしなければなりません。

MacにWindowsをインストールする前に、ディスクイメージを取得します。

Floxから Windows 10 オペレーティングシステムを買った場合、オペレーティングシステムのインストールするUSBまたはダウンロードバージョンを受け取ります。具体にはあなたの選択次第です。 USBを選択すると、初めて使う前にBootcampを使ってイメージファイル(ISO)を作成しなければならないかもしれません。 しかし、ダウンロードバージョンを購入する時、ISOファイルは直接にダウンロードします。

Bootcamp AsistantはApple OS Xの一部ですので、Apple Bootcampを通じてMacにMicrosoft Windowsをインストールすることができます。Macで簡単にWindowsの準備、インストール、配置を完了するように案内します。Windows起動アシスタントはサポートソフトをロードし、ハードディスクを複数のパーティションに分割し、Windowsと必要なすべてのドライバをインストールするために起動可能なUSBディスクを作成します。

Bootcampを使って、MacにWindowsにインストールする要求

  • インテルプロセッサのアップルコンピュータ
  • 最新のMac OSバージョン
  • 少なくとも30 GBの利用可能なハードディスク空間
  • RAMは少なくとも2 GB RAMです
  • Bootcampアシスタント
  • 64ビットのISOイメージまたはUSBのWindows 10

Bootcampを使って、MacにWindowsをインストールします。

Bootcampを使って、MacにWindowsをインストールしたいなら、Bootcampガイドはほとんどあなたの助けが必要ではありません。 インストールは、Uディスクなどの装着媒体を作成することにより準備されています。 Bootcampはまた、ネットワークインターフェース、グラフィックカード、カメラ、タッチパネル、マウス、キーボードの最新のドライバをインストール媒体にロードします。

その後、Bootcampアシスタントはあなたの要求によってMac上のWindowsインストールのためにパーティションを作成します。 そしてMacにWindowsのインストールを開始します。

その後、通常のWindows設定を開始します。 インストール先が選択されるまで、セットアップダイアログを簡単にクリックできます。 そこでパーティションBOOTCAMPを選択します。 ディスクXのパーティションYにWindowsをインストールできません。

Bootcampパーティションを選択するにはクリックしてください。そして「書式」オプションを選択し、「確定」で確認します。現在、「次へ」ボタンがアクティブになり、Windowsのインストールが完了しました。Windows 10に初めて登録した後、Bootcampインストールプログラムを起動し、あなたのPCで必要なMacのWindowsドライバをすべて再生します。

MacにWindows 10をインストールします。こちらのオップションは選択できます-2

ドライバのインストールが完了したら、再起動してください。覚えてください。今はもうアクティブな設備がありません。BootcampでMacにWindowsをインストールするのは再起動後に完了します。

今はWindowsのBootcampタスクバーのアイコンを使ってMacOSに戻すこともできます。これを行うには、MacOSボリュームを選択して、Macを再起動する必要があります。一方、MacOSからWindowsに切り替えたい場合は、「起動ボリューム」の選び方で、Bootcampボリュームを選択します。それでも、Macを再起動しなければなりません。選択ボタンを押すと、WindowsまたはMacOSで起動するかをすぐに自分で決められます。

Paralels DesktopとVMware Fsionを使ってMacにWindowsアプリケーションをインストールします。

Paralels DesktopはMacOS上でWindows仮想マシンを作成することができます。 このオプションは、Windowsバージョンがない特定の業界アプリケーションを使用するユーザに適用されます。

VMware Fusion の仕事原理は似ています。 これも仮想解決方法である。 このツールの開発者はまた、ハードディスクの負荷とメモリの利用率に関しては、性能の損失は一切ないと約束しました。

MacにWindowsをインストールします。Bootcamp、Palels DesktopとVMware Fusionについての結論

Apple Bootcampの優勢

  • Windowsのすべての機能とすべてのWindowsアプリケーションはMacの下で使用できます。
  • 無料

Apple Bootcampの短所:

  • パソコンを起動する時はWindowsとMacOSを選択しなければなりません。
  • WindowsとMacOSの切り替え時は再起動が必要です。

Parallels Desktop for Macの優勢:

  • 仮想マシンは、オペレーティングシステム間の急速な切り替えを実現しました。
  • Paralels Desktopsの表示オプションは、MacOSとWindows 10を同時に使用することができます。

Parallels Desktop for Macの短所:

  • ビジネスソリューション(価格が高すぎる)
  • 密集したビデオやグラフィック編集やWindowsゲームの計算には適していません。

VMware Fusion の長所:

  • MacOSとWindowsの切り替えは再起動せずに同時に使用できます。

VMware Fusion の短所:

  • ビジネスソリューション(無料試用ではなく、ライセンスを購入する必要があります)
  • Bootcampと比較して,仮想化による性能損失が発生した。

MacにWindows 10をインストールします。こちらのオップションは選択できます-3

今はどちらのツールを選んでMacにWindows 10をインストールするかを決められます。いずれにしても、Floxから必要な製品を見つけることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X