ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Office 365とOffice 2019、一般の企業と個人はどのように選択して購入しますか

Office 365とOffice 2019、一般の企業と個人はどのように選択して購入しますか

この記事では、Office 2019 永続使用のバージョンとOffice365 サブスクリプションバージョンの主な違いと、これらのバージョンから選択する方法について説明します。

Microsoft Officeは、非常に使い慣れたOutlook、Word、Excel、およびPowerPointを含む製品パッケージです。 ただし、Officeのバージョンとこれらのアプリケーションで使用できる機能は、そのソースと使用するインストールプログラムによって大きく異なる場合があります。 わかりやすくするために、最近名前が変更されたoffice365バージョン(詳細については下記に参照する)またはoffice 2019バージョンとして記述します。

Office 365を改めて名前を変更する

2020年4月21日、MicrosoftはOffice365の名前をMicrosoft 365に変更します。 Microsoftはまた、サービスの特定のSKUにバンドルされているOfficeのオンラインバージョンの名前をOffice 365 Pro PlusからMicrosoft 365 Appsに変更します。 Office 365 Pro Plusは、エンタープライズ向けのMicrosoft 365 Appsまたはビジネス向けのMicrosoft 365 Appsと呼ばれるようになりました。

この記事では、Microsoft 365アプリケーションのバージョンが「エンタープライズ向け」か「ビジネス向け」かに関係なく、このバージョンのOfficeは、Outlook、Wordなどの「クリックして実行」バージョンのOfficeとも呼ばれることを指摘しておきます。 、およびExcel。、PowerPointおよびその他のOfficeアプリケーション。 この記事の残りの部分では、これをMicrosoft 365 Appsと呼び、混乱を最小限に抑えるために古い名前に注意を払うように全員に注意を促します。

名前が違います

Office 365 ProPlusとOffice 2019は似ているように聞こえます。つまり、2つを混同しやすいということです。 Microsoft 365 AppsとOffice 2019はあまり似ていないように聞こえるので、Officeの2つのバージョンを簡単に区別できます。 どちらもユーザーのPCまたはMacにダウンロードしてインストールできますが、各バージョンにバンドルされているインストーラーは大きく異なります。 Microsoft 365 AppsはClick-to-Runテクノロジを使用してインストールされ、Office 2019はWindowsインストーラテクノロジ(MSI)を使用してインストールされます。

インストーラーごとに、Officeのバージョンを処理する方法が異なります。 OfficeのMSIバージョンには、Office 2013、Office 2016、Office 2019などのメジャーバージョンがあります。ボリューム認証によって承認され、永続的な承認です。 永続的な承認とは、Office 2013などの承認が完了すると、常に所有し、サポートライフサイクルが終了するまで、そのバージョンのOffice、特にOffice 2013のセキュリティパッチと更新プログラムを受け取ることを意味します。 これは、Officeの新しいバージョンがリリースされたときに、自動的にそれを使用する資格がないことを意味します。 Office 2016およびOffice 2019の現在のバージョンは、新しいバージョンとして購入する必要があります。

インストール手順が異なるため、同じマシンに2種類のOfficeをインストールします。 Office 2013をインストールし、クリックして実行するバージョンのOfficeを同じマシンにインストールしようとすると、インストールエラーが発生し、続行する前にMSIバージョンのOfficeをアンインストールする必要があることを確認します。 2種類のOfficeを同じコ​​ンピュータにインストールできないことがわかります。

20210315-12

MSIバージョンのOffice(現在のバージョンはOffice 2019)をインストールする場合、Wordなどのバンドルされたアプリケーションにアクセスするには、インストールプロセスが完了するのを待つ必要があります。

Microsoft 365(Click-to-Run)は、Word、Excel、PowerPointなどのアプリケーションを提供します。これは、最新のWindowsバージョンに組み込まれているストリーミングおよび仮想化テクノロジを利用しているため、他のバージョンとは大きく異なります。 つまり、Microsoft 365 Appsのダウンロードプロセスでは、Microsoft 365 Appsのダウンロード全体が完了する前に、Wordなどのコンポーネントを使用できます。 このOfficeの提供方法は、2010年に初めて導入され、ユーザーはインストーラーの起動直後からOfficeコンポーネントを使用できるようになりました。 Officeアプリケーションのダウンロードが完了する前に、インストールプログラムが実行を開始する限り、ユーザーはOfficeアプリケーションで作業できますが、MSIバージョンのOfficeを使用するには、MSIバージョンをダウンロードしてインストールする必要があります。

Microsoft Office 2019とMicrosoft 365 Appsは同じですか。

Office 2019および以前のOffice 2013およびOffice 2016バージョンは永続的にライセンスされています。つまり、Officeサブスクリプションバージョンの新機能を使用する場合は、新しいバージョンのOfficeを購入する必要があります。

Click-to-RunバージョンのOffice、つまりMicrosoft 365 Appsは完全に異なります。 Microsoft 365 Appsとその前身であるOffice365 Pro Plusは、Officeのサブスクリプションバージョンです。つまり、毎月料金を支払う必要があります。 インストール方法が大きく異なるため、オンラインまたは管理者から提供されたソースから継続的に更新できます。 リリース年と一致する「バージョン番号」がありますが、Officeの新しいバージョンは変更されていません。 これはMicrosoft 365 Appsとして識別され、次の図のように、製品情報セクションに表示されます。

20210315-13

これは、Office 2019が利用可能な機能に関して「ロック」されている一方で、Microsoft 365アプリは定期的に更新され、新しい機能が表示されることを意味します。

Office 2019のライフサイクルをサポートする

Office 2019は現在、Officeの最新の永続バージョンです。Microsoftは長年寛大です。OfficeはWindowsオペレーティングシステムをサポートするだけでなく、MacOSもサポートします。より一般的に使用されるOffice2019バージョンは、Office 2019 Home BusinessとOffice2019 Home Studentです 。両方のバージョンはMacOSでの同時使用をサポートしており、Office2019はWindows10にのみインストールして使用でき、Windows 7またはWindows 8はサポートしていません。

Windows版とMac版のサポートライフサイクルは若干異なります。 次の図に示すように、WindowsバージョンとMacバージョンの両方が2018年9月24日に開始されましたが、Windowsバージョンのサポートは2025年10月14日に終了し、Macバージョンのサポートは終了することに注意してください。 2日前になります。年は2023年に終了します。

20210315-18

Microsoft 365アプリのライフサイクルをサポートする

Microsoft 365 Appsは、クラウドコンピューティングをサポートするOfficeのOffice365バージョンです。 このバージョンのOfficeのサポートステートメントは、Officeの内部バージョン(つまりOffice 2019)とは完全に異なります。 Microsoftは、「Modern Life Cycle Policy」と呼ばれるドキュメントで、Microsoft 365アプリケーションのサポートステートメントを定義しました。これは、基本的に、顧客がサポートのために最新の状態に保つことを要求します。

20210315-19

MicrosoftOfficeとOffice365(Microsoft 365 Apps)は同じですか? 他のバンドルを使用せずにOfficeのみを認証する場合、Office 2019とMicrosoft 365 Appsの永続バージョンのコストが異なることに気付きました。

Office 2019は永久にライセンスされており、購入後は永久に所有されます。 オンラインでオフィスを購入するには、一度に14,000円を費やす必要があります。

20210315-2020210315-21

Office2019を購入すると、いくらかかりますか

Office 2019には、Office Home &Business 2019が38,284円(税込)またはOffice Home Student 2019が26,184円(税込)の2つのバージョンしかありません。 これらの2つの製品は永久ライセンスであり、2台のWindowsPCまたはMacにインストールして使用できることに注意してください。 以下のスクリーンショットに示すように、Office2019にはクラウドサービスがバンドルされていないことにも気付くでしょう。

20210315-28

Microsoft Office Home & Business 2019 |Win/Mac|ダウンロード版|2台用を購入

どのバージョンのOfficeを購入するでしょうか

インストール方法が異なるため、MSIバージョンのOfficeをプレインストールバージョンのOfficeと見なし、Click-to-RunバージョンのOfficeをオンラインバージョンのOfficeと見なすのは簡単です。 ただし、インストール方法に加えて、オンラインバージョンのOfficeは、Microsoft AIやその他のテクノロジを使用して、MSIバージョンのOfficeでは不可能な機能を実現できます。 これは設計上の違いです。Microsoft Exchange 2019とMicrosoft SharePoint 2019の内部バージョンを使用するお客様は、MSIバージョンであるMicrosoft Office 2019を使用するためです。 これらの顧客は、機能ではなく主に安定性に関心があり、セキュリティや規制上の制限のため、通常、多くのオンラインサービスを使用することは許可されていません。

Microsoft 365 Apps、またはClick-to-RunバージョンのOfficeは、Microsoft Teams、Stream、plannerなどの他のアプリケーションをバンドルの一部としてバンドルしています。 これらのアプリケーションと、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションのコアセットは、Microsoft Cloud ServicesとMicrosoft AI Servicesによって文字通り有効にされており、接続なしでは実行できません。 Streamなどの一部のオフィスアプリケーションはユーザーのマシンに何もインストールしませんが、Microsoft To-Doなどの他のアプリケーションはアプリケーションを提供しますが、ユーザーのマシンにはデータを保存しません。

Office 2019とMicrosoft 365 Appsのどちらを選択するのですか?

Office 2019とMicrosoft 365 Apps(以前のOffice 365)はどちらもOfficeのバージョンであると言えますが、両者の違いを覚えておく必要があります。

Office 2019

Office 2019はOfficeの内部バージョンであり、この記事の前半部分で説明したように、非常に明確なサポートモデルがあります。 Office 2019の機能はすでに設定されています。パッケージ内のコンテンツを取得するだけで、他には何も必要ありません。 利点は、1回支払うだけで入手できることです。ただし、新しいバージョンのOfficeがリリースされた場合は、新しいバージョンの料金を支払う必要があります。 もう1つの注意点は、Microsoft Teams呼び出しなどのOffice 365プラットフォームの機能が含まれていないことです。この機能を利用するには、Office 365の承認または購入方法に応じて、Officeのバージョンを変更する必要があります。

Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 Apps(以前のOffice 365)は、Officeのクラウドバージョンです。 サポートされているバージョンのWindows10またはmacOSを使用している限り、このバージョンのサポート日は終了しません。 Office 2019バージョンと比較すると、機能セットとアプリケーションリストは印象的です。これは、Office 365プラットフォームの成熟に伴い、Teams、Stream、Formsなどのオンラインをサポートする多くのアプリケーション、およびAI提案などのクラウドサポート機能があるためです。 PowerPointスライドショーフィルムレイアウト、またはプレゼンテーション中の自動言語翻訳が追加されます。 Office 365ロードマップには、開発中の機能とリリース予定の時期が記録されているため、顧客はいつどの機能をいつ期待できるかを常に知ることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X