ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Microsoft Project 2016とMicrosoft Project 2019:何の違いがありますか

Microsoft Project 2016とMicrosoft Project 2019:何の違いがありますか

Microsoft Projectは、マイクロソフトによって開発と販売されます。現在一番人気があるプロジェクト管理ソフトウェアです。プロジェクト管理チームがプロジェクトが簡単に成功させるためにツールを提供することは間違いありません。その目標は、建設、政府、医薬品の製造、製造、小売、ヘルスケア、金融サービスなど、色んな業界と分野でのプロジェクトの完了を支援することです。 これは、Microsoft Officeスイートの一部ではないMicrosoft Projectの場合です。20210206-2
Microsoft Projectには、標準とプロフェッショナルの2つのバージョンがあります。 2つのどちらを選択するかは、チームの特定のニーズによって異なります。 これは、今日最も広く使用されているPCベースのプロジェクト管理ソフトウェアの1つと見なされており、プロジェクトマネージャーに多くの権限を与えています。 これらには、会議のスケジュール設定、ワークロードの監視、進捗状況の記録、財務の追跡、タスクの割り当て、リソースの定義、目標の設定、および計画の設計が含まれます。マイクロソフトは二つのバージョンのプロジェクトをリリースしました。それはProject 2016とProject 2019です。一番目にはproject online、project pro for office365とproject professionalの更新が含まれています。いくつかの最も必要がある機能が含まれています。例え、リソースの能力の計画とリソースの管理。数年後、それがMS Project 2019にアップグレードしました。前代にあるいくつかの古い機能が保持されていますが、多くの新しい機能もあります。

Microsoft Project 2016

MS Project 2016の登場により、プロジェクトマネージャーはワークロードの削減に役立つソフトウェアを使用できるようになりました。 実際、このバージョンには多くの新機能と改善点があります。これらの機能と改善点の目標は、このツールを使用するときにチームをより効率的にすることです。

まず、Microsoft Project 2016は、ユーザーが体系的にリソースを要求できるようにすることで、プロジェクトに十分なリソースを取得するという問題を解決しました。 リソース要求が承認されると、ユーザーはリソースをロックしてその可用性を確保できます。 リクエストは簡単で、プロジェクトマネージャーが簡単に承認または却下できます。 他のプロジェクトマネージャーがロックされたリソースをオーバーブッキングしようとすると、それらにも通知されます。

Microsoft Project 2016のもう1つの利点は、リソースマネージャーがプロジェクトマネージャーとコラボレーションできることです。 このツールは、提案されたすべての契約を表示し、契約を承認するか拒否するかを選択できる領域を作成します。 ここで、彼は彼らのリソースの稼働率も理解できます。

このソフトウェアには、チームリソースを管理するための重要なツールである容量ヒートマップもあります。 直感的なレポートの新しいセットがあり、ユーザーはチームのリソース使用率を一目で確認できます。 ヒートマップは、過剰または過少使用を回避するために使用されるリソースの量を示します。

プロジェクトマネージャーの重要な責任の1つは、プロジェクトのスケジュールを伝えることです。 最良の方法は、ガントチャートの代わりにタイムラインを使用することです。 MS Project 2016ソフトウェアでは、開始日と終了日が異なる複数のタイムラインを含むタイムライン機能が改善されました。

「教えて」ボタンは、ユーザーが特定の機能を見つけることができる場所を理解するための鍵です。 ユーザーは答えをクリックして答えを教えてくれるだけなので、時間を大幅に節約できます。
20210206-3

Project 2016を引き続き使用する

Project 2016バージョンが提供する便利さにより、人々は簡単にそれを感じ、新しいバージョンであるMicrosoft Project 2019に移行したくありません。 この2つには多くの違いがありますが、ユーザーがProject Professional 2013を使用している場合は、引き続きこのバージョンを使用できます。 これは、それ以降のバージョンではこのツールと互換性がないためです。 さらに、Project Server 2013から2019への直接アップグレードはありません。つまり、ユーザーは最初に2016バージョンにアップグレードする必要があります。 Project ServerインターフェイスまたはPSI拡張スキームに関する限り、これらのスキームは2019バージョンではサポートされなくなりました。 さらに、チームリソースの管理に非常に役立つリソース計画ビューは、2019バージョンでは提供されなくなります。

Microsoft Project 2019

Microsoft Projectは、配信とプロジェクトの選択を改善するための新しい優れた機能を備えた2019バージョンをリリースしました。 管理者は、適切なタイムラインを使用し、予算とリソースを使用するための適切なツールを備えています。

このバージョンのMSProjectを使用すると、ユーザーは開始画面を使用してクイックスタートを楽しむことができます。 タイムラインの作成やタスクのリンクなど、ソフトウェアの機能を理解するようにユーザーをガイドします。

このバージョンの改善された機能の1つは、リンクタスクです。 ここで、ユーザーはリンクするタスクIDを覚えておく必要がなくなりました。 ユーザーは、[先行]列でセルを選択し、プロジェクト内のすべてのタスクのリストを表示する下矢印を選択するだけで済みます。 [タスクのフォロー]列のドロップダウンリストからタスクを選択することもできます。 通信項目に関しては、タイムラインバーにマークを付けることができ、タスクの進行状況がタスク自体に表示されるようになりました。 また、ユーザーは複数の従業員からチームを追加でき、450のユーザー定義フィールドとルックアップテーブルがあります。

前世代と比較して、Microsoft Project 2019には優れた機能があります。 プロジェクトと投資ポートフォリオを効果的に管理するのに役立つ便利な新機能を提供します。 長期的には、古いローカルバージョンを使用する場合と比較して、コスト削減も促進されます。 プロジェクト管理ソフトウェアとして、2019バージョンでは、ユーザーはガントチャートなどの使い慣れたツールを使用して、時刻表を作成し、トレーニング時間を短縮できます。

Project 2019をアップグレードする必要がありますか?

Microsoft Project 2016から2019バージョンへのアップグレードは、マネージャーとチームが考慮する必要のある問題です。 ただし、2019バージョンには、含まれていない機能よりも多くの機能が追加されていることを知っておくと役に立ちます。 一般的に、メリットはデメリットを上回っていると言えます。 もちろん、決定はユーザーの手に委ねられています。 結局のところ、プロジェクトには固有の要件があり、それらを扱うチームだけが、どのソフトウェアが彼らのニーズに合っているかを知っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X