ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / 「Microsoft Office for Mac」と「Office for Windows」の違いとは?

「Microsoft Office for Mac」と「Office for Windows」の違いとは?

Microsoft Office 365のサブスクリプションは、Windows PCとMacでご利用いただけます。 Microsoftは、Officeサブスクリプションのページのどこにも、Mac OS用のOffice 365アプリケーションと機能が、Windows 10用のOffice 365に比べてはるかに少ないことを説明していません。 この記事では、Windows PCとMacにおけるMicrosoft Office 365の違いについて説明しています。

Office for MacとOffice for Windowsの比較

「Microsoft Office for Mac」と「Office for Windows」の違いとは?-1

Office for Macのアプリケーション削減

Microsoft社が提供する基本的なクロスプラットフォームアプリケーションは、MS Word、MS Excel、MS PowerPoint、MS OneNoteです。 OneNoteは、Android、iOS、MacOS、Windows、その他一部のOS向けにスタンドアロンアプリケーションとしても提供されています。

PCでOffice 365のサブスクリプションを利用すると、上記のアプリケーションに加えて、以下のものがすべて利用できます。

  • MS Outlook
  • MSパブリッシャー – オフィス用の文房具を作成・印刷するためのソフトウェアで、例えば、テンプレートに基づいて、または一から名刺を作成することができます。
  • MS Access – MS Excel用のリレーショナル・データベース・アプリケーションです。

PC版のOffice 365では、VBAスクリプトを使って作業を自動化することができますが、Windows 10用のOffice 365 Proサブスクリプションには、VisioProjectなど多くのアプリケーションがパッケージされています。

Office for Macでは、以下の5つのアプリケーションのみが表示されます。

  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneNote

普段からPublisherを使っている人にとっては、Office for MacでMicrosoft Publisherが使えないことを知ったとき、がっかりしたことでしょう。 個人的には、Microsoft Publisherで作成したファイルをWindows 10のパソコンで開けなかったのが残念でした。

とはいえ、Macに移行する場合、すべてのアプリケーションがOfficeスイートで構成されているとは思わない方がいいでしょう。 また、Office 365のサブスクリプションページから直接インストールする場合、インストールするアプリケーションを選択する機能はありません。 つまり、USBやディスクからOfficeをインストールした場合、Windows PCでは「カスタムインストール」に進み、不要なアプリケーションをすべて削除することになります。 Macでは、自分のマシンでMS Excelを使いたくない場合、インストールしないという選択肢は与えられません。

企業がOffice 2016を購入する時、Office 2016とOffice 365の違いは何ですか

Mac版Office 365アプリケーションの高度な機能の削減

「Microsoft Office for Mac」と「Office for Windows」の違いとは?-2

これらは、Office 365 for Macの機能をすべて備えたソフトウェアやアプリケーションですが、上級者が使いたいと思う機能が省かれています。 例えば、VBAスクリプトは、WordやExcel For Office 365 For Macでは、このバージョンでは複雑なマクロを完全にサポートしていないため、問題が発生する可能性があります。 Microsoft Wordでは、多くのActiveXコントロールを見逃しているかもしれません。

SharePoint を使用している場合、Office 365 for Mac はお勧めできません。PC とは異なり、macOS 版 Office 365 は SharePoint のすべての機能をサポートしていません。SharePoint のこれらの機能の多くは Windows オペレーティングシステムに固有のものであるため、Mac オペレーティングシステムでは動作しません。

アラビア語やヘブライ語の左から右への書き込みには対応していません。 Office 365 アプリケーションのパフォーマンスを確認するための最適化ツールはありません。 また、アップロードマネージャーもありません。 しかし、ファイルはOneDriveに直接保存され、OneDriveというローカル同期フォルダに保存されるわけではないので、これは問題ありません。 同じ理由で、Windows版とは異なり、Microsoft Word for Macにはファイルを開いた後に修復する機能がありません。

Office 365とOffice 2019、一般の企業と個人はどのように選択して購入しますか

Office 365 for Mac vs. Windows

上記のような欠点を除けば、Office 365 for Macにはあまり多くの欠点はありません。 PC版のOffice 365は充実した機能を備えていますが、強力なコンピューティング機能が苦手なユーザーには、Mac版のOffice 365も簡単に利用できます。

その他の機能は、MacでもPCと同様に利用できます。office 365では、Mac HDへの保存を選択しない限り、ファイルをOneDriveに直接保存するためのアップロードマネージャーの助けは必要ありません。 どちらのバージョンにも自動保存機能があり、保存を忘れても、作業中の内容を継続して保存してくれます。

Office 2019とOffice 365の比較、Microsoft Officeのプランを比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X