ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Microsoft Office 2019 for Mac-Macユーザーが購入とアップグレードする価値があります

Microsoft Office 2019 for Mac-Macユーザーが購入とアップグレードする価値があります

Microsoft Office 2019 for Macはクラウドサービスを使用してないユーザーに一連の価値ある機能と拡張機能をもたらします。 一回限りのバージョンとして、Office 2019は将来の機能アップデートを受け取りません。 ただし、それはMicrosoft Office 2016 for Macからアップグレードされており、多くの次世代の機能を備えています。

Microsoft Office 2019 for Mac-Macユーザーが購入とアップグレードする価値があります-1

以下はMac ユーザーがMicrosoft Office 2019を通じて新しい機能を楽しみます。

1.強大なデーターアナライズ

データー管理とアナライズについて、Microsoft Excelは依然として支配しています。 Microsoft Office for Mac に適しているユーザーは新しい数式とグラフを使用できます。 これにより、データの分析や表示がわかりやすくなります。 新しいグラフには、漏斗グラフ、タイムライン、2Dマップが含まれます。

ユーザーは新しいコネクターと機能をアクセスできます。例えば:CONCAT、IFS、SWITCH とTEXTJOIN 等。 他の機能にはExcelをPower BIに発表して、Power Pivot とPower Query拡張機能が含まれます。

Microsoft Office 2019 for Mac-Macユーザーが購入とアップグレードする価値があります-2

2. より良い電子メールの管理

Outlookのユーザーの場合、 きっとMicrosoft Office 2019 for Macを好きになります。まず、それはあなたがあなたの電子メールをより良く送信し、受信し、そして管理できる直感的なインターフェースが付属しています。 マイクロソフトはまたOutlookの連絡先カードを更新し、ユーザーが自分の連絡先情報を他のユーザーとより簡単に共有できるようにしました。

連絡先カードを更新すること以外に、ユーザーは、主要な受信トレイ、旅行セットカード、@メンション、Office 365グループ、配達遅延機能、旅行および配達の概要カードも期待する必要があります。 これらの新機能により、マイクロソフトは間違いなく、悪い電子メール管理アプリケーションの一般的な煩わしさを解消しました。

3.最先端のプレゼンテーション機能

Microsoft PowerPoint は取締役会議室、会議室、さらには講堂で最も人気のあるプレゼンテーションソフトウェアの1つです。 Macユーザーが美しく、直感的で理解しやすいプレゼンテーションスライドを作成し続けるのを支援するために、Microsoftは新しい機能を追加しました。

その重要な機能の1つは、変形およびズーム機能です。 これは、ユーザーが複雑でスタイリッシュなプレゼンテーションを作成するのに役立ちます。 その他の機能には、アイコンの挿入と管理、3DモデルとSVG、4Kビデオのエクスポート、クリックして再生するシーケンスが含まれます。

さらに、このソフトウェアには、傾斜効果、ローミングペンケース、筆圧感度などのインク機能もバンドルされているため、ドキュメントを自然に作成できます。

 

Microsoft Office 2019 for Mac-Macユーザーが購入とアップグレードする価値があります-3

 

4.より簡単なドキュメント作成

Office 2019の変革では、MicrosoftWordは除外されませんでした。 ユーザーが気に入る最高の機能の1つは、フォーカスモードです。 この機能は、レポートをより簡単に完成させるのに役立ちます。 さらに、干渉を防ぎ、コンテンツを最前線に置きます。 Microsoftには、ドキュメントの編集や校正の時間を節約するために、「読み上げ」などのアクセシビリティのアップグレードが含まれています。

ダークテーマが好きな人のために、MicrosoftWordのクラシックブルーのテーマをダークに変更できるようになりました。 その他の機能には、オフィスサウンド、翻訳者、カスタマイズ可能な機能領域、学習ツール、字幕、音声ガイド、テキストや読み上げなどがあります。

5.サードパーティのプラグイン

Microsoftは、Office2013で最初にOfficeプラグインを導入しました。 プラットフォームの人気により、MicrosoftはOffice 2019 forMacにプラグインプログラムを含めることを決定しました。

マイクロソフトは、Yelp、Uber、PickItなどの企業と協力しています。 上記の企業と協力する理由は、それらのサービスがOfficeに統合されているためです これらのサービスをOffice2019 for Macに追加すると、ソリューション固有のボタンとリボンのプログラミング開発が実現します。 さらに、そのようなサービスの集中展開を可能にします。

たとえば、スターバックスはOutlookプラグインを作成しました。 このプラグインを使用すると、ユーザーはOutlookを介して電子ギフトを送信したり、近くのスターバックスで会議をスケジュールしたりすることができます。 したがって、会議室を予約する必要はありません。

前述のように、Office2019はMacユーザーにとって新鮮な空気です。クラウドサービスを使用する準備ができていないユーザーのために、Office2019には多くの新機能が付属しています。そのフォーカスモード機能は、気を散らすものを止め、コンテンツを前面と中央に配置するのに役立ちます。また、チルト効果、ローミングペンケース、感圧などのインク機能も備えています。この機能は、WindowsSurfaceバージョンに適用できます。これにより、ユーザーはデジタルペンで作業し、作業を強化することができます。 Macユーザーが好むもう1つの機能は、4KビデオのエクスポートとPowerPointのクリックして再生するシーケンスです。

Outlookユーザーの場合、重要度の低い電子メールを移動して、ビジネスおよび更新された連絡先カードに集中できる一元化された受信トレイがあります。これで、より適切なテンプレートを使用して連絡先情報を共有できます。

Macユーザーが覚えておくべきことの1つは、Microsoft Office2019は将来の機能更新を受け取らないということです。さらに、ユーザーは、クラウドサービス(Office 365)によって提供されるセキュリティ、生産性、および総所有コストの真の利点を楽しむできなくなります。

つまり、Microsoft Office 2019 for Macは素晴らしいアップデートであり、Office 2016Macユーザーに推奨されるアプリケーションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X