ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?

Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?

Windows 7からアップグレードする理由を探しているのであれば、Hyper-Vによる仮想化がおすすめです。 マイクロソフトの仮想化ソリューションは、Windows 10のテストに最適です。

もしあなたが、どんなアップデートにもアップグレードする理由が思いつかないために、Windows 7を使い続けようと決意しているなら、あなたが見逃しているキラー機能を紹介させてください。

Hyper-V.

マイクロソフトは、サーバー側の仮想化プラットフォームを何年もかけて完成させました。 Windows 8からは、クライアントサイドHyper-Vと呼ばれる機能の形で、この作業の利点がすべてデスクトップに移行し始めました。

もちろん、仮想化技術は新しいものではありません。 VMwareは、デスクトップからエンタープライズまで、フル機能の仮想化ソリューションを長年にわたって構築してきました。 オラクルは無料のデスクトップ仮想化製品であるVirtualBoxで多くのファンを獲得し、ParallelsはMacでWindowsを実行したい人のためのニッチな分野を開拓してきました。

Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?-1

しかし、Hyper-Vは、簡単でシンプルな方法で、最新のデスクトップWindowsバージョンにスムーズに統合できるため、IT担当者にとって大きなメリットがあります。 私の経験では、本番システムを危険にさらすことなく、ソフトウェアやサービスのテストを非常に簡単に(そして安全に)行うことができる堅牢なプラットフォームです。

もちろん、条件はあります。

クライアントHyper-Vのメリットを享受するには、WindowsのPro版またはEnterprise版を購入する必要があります。また、64ビット版も必要です。

最近の企業向けPCのほとんどは、Hyper-Vを動作させることができます。必要なのは、BIOSにアクセスして、Intel Virtualization Technology(Intel VT)またはAMD Virtualization(AMD-v)という必要なオプションを有効にすることだけです。

このステップが完了したら、WindowsでHyper-Vを有効にする必要があります。これはオプションの機能で、デフォルトでは無効になっています。 Windows 8.1またはWindows 10でHyper-Vクライアントを有効にするには、以下の手順を実行してください。

  1. コントロールパネルの「プログラム」をクリックし、「プログラムと機能」を選択します。
  2. Windowsの機能のオン/オフを選択します。
  3. クリックしてHyper-Vオプションを選択し、その下の追加項目も選択されていることを確認します。

このダイアログボックスは、最新版のWindows 10 Proのものですが、Windows 8.1のものと基本的には変わりません。

Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?-2

[OK]をクリックし、PCを再起動すれば準備完了です。

仮想サーバーファームを担当するHyper-Vスペシャリストは、PowerShellのコマンドラインを使ってインフラ全体を管理していますが、デスクトップ作業ではHyper-V Managerに徹しても問題ありません。 実現したいことは何でも、簡単なウィザードで実現できます。

Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?-3

仮想OSのインストールファイルが入ったISOファイルが必要です。 Windows 10 ProのISOについては、これらのファイルはマイクロソフトの公式サイトからダウンロードできます。 Windows 10 EnterpriseのISOは、以下のサイトからダウンロードできます。 (いずれの場合も、Windows 10 ProのプロダクトキーまたはWindows 10 Enterpriseのプロダクトキーを購入する必要があります。テスト時のアクティベーション認証の問題を解決するために必要になる場合があります)

Windows 10 ISOファイルダウンロード:

Windows 10 Proを搭載したPCでHyper-Vを動作させることにした場合、いくつかの新機能が追加されます。 また、メモリを動的に調整したり、VMにネットワークアダプタを追加したりすることができますが、後者の機能はVMのセットアップ時に第2世代のフォーマットが選択されている場合にのみ有効です。

しかし、私が知る限り、最も重要な機能は、本番用チェックポイントの利用可能性です。 この機能は、信頼性の高いボリュームシャドウレプリケーションサービスを使用して、必要に応じて仮想マシンのスナップショットを作成します。 この機能が有効になっていることを確認してください。 Windows 10 Technical Previewで作成された仮想マシンでは、この機能がデフォルトでオンになっています。

Hyper-V: Windows 10のキラー機能になる?-4

チェックポイントを作成するには、Hyper-V ManagerのOperationメニューまたはVM Connectウィンドウからチェックポイントを選択します。 チェックポイントは、Hyper-V ManagerのVMエントリの下のリストに表示され、リスト内のチェックポイント名を右クリックして「Apply」をクリックすると、前回のチェックポイントにロールバックできます。

これまでのHyper-Vのスナップショットとは異なり、本番環境に対応した完全なバックアップです。 危険なことを試す前にスナップショットを撮り、数回のクリックで元の設定にロールバックできます。

私はテストや分析のために日常的にHyper-Vを使用しています。 もしあなたがWindowsを中心とした環境にいるITプロフェッショナルであれば、同じようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X