ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / 低い価格で VMWare Workstation 16を購入するとFusion 12パーソナル デスクトップの仮想化

低い価格で VMWare Workstation 16を購入するとFusion 12パーソナル デスクトップの仮想化

2020年、VMwareは二つデスクトップ仮想化アプリケーションをリリースしました。それはVMWare Workstation 16 Pro/PlayerとVMWare Fusion 12 Pro/Playerです。

価格:

以上はVMWareの日本公式ウェブサイトの価格です。この記事の発表時点まで、まだ何の割引もありません。従って、私たちがサードパーティの小売プラットフォームウェブサイトの販売価格をいくつか収集しました。 価格ははるかに安くなります。

VMWareイセンスの変更

トピックに入る前に、一つ重要な変化を理解する必要があります。最新のバージョンのライセンスを購入する前に、先ずはVMWareがリリースした二つのバージョンを理解します。VMWare Fusion実際はMac OSで使用されるバージョンです。 VMWare WorkstationはWindowsとLinuxで使用されるバージョンであるため、それらは同じく仮想化ソフトウェアであるにも関わらず、完全に独立した製品です。 FusionはMac OSでインストールのみインストールでき個人の使用を提供しますが、 Workstationは1台のマシンにのみインストールできます(WindowsとLinuxのバージョンを切り替えることができます)。したがって、MacとWindowsでFusionとWorkstationを使用する場合は、 FusionとWorkstationを使用するには、別のライセンスを購入します。

VMWare公式でライセンスを説明します

VMware Fusion Pro。あなたが購入した各 VMware Workstation Proのライセンスに対して、Windows または Linux のオペレーティングシステムで使用できます。またはmacOS のオペレーティングシステムでVMware Fusion Proを使用できます。VMware Fusion Proの使用は、セクション7.7の規定に準拠するものとします。
非営利目的での使用。ご購入した各ライセンスに対して、最大三台のコンピューターでインストールできます。そして、このソフトウェアで非営利目的で使用できます。

VMware Workstation Pro。ご購入したVMware Fusion Proライセンスごとに、 Macコンピューターでそのソフトウェアをインストールできます。またはWindows或は LinuxオペレーティングシステムでVMware Workstation Proをインストールします。VMware Workstation Pro の使用は、セクション7.6の規定に従うべきです。
非営利目的での使用。ご購入した各ライセンスに対して、最大三台のコンピューターでインストールできます。そして、このソフトウェアで非営利目的で使用できます。

営利目的の場合、その上にライセンスのインストール可能の数量を明確に書いてあります。 Fusion ProとWorkstation Proのそれぞれのライセンスを持っています。つまり、合計6台のマシンでインストールできます。

VMWare Fusion 12 Pro/VMWare Workstation 16 Pro

VMware Proのバージョンに対して、価格を対比します

VMWareにはサブスクリプションバージョンと言うことがありません。VMWareは全て永続的に使用するための1回限りの購入です。従って、公式からソフトウェアをダウンロードしてインストールし、ライセンスを入力するだけで永続的に使用できます。

販売ウェブサイトVMWare Workstation 16 ProVMWare Workstation 16 PlayerVMWare Fusion 12 ProVMWare Fusion 12 Player
VMWare公式ウェブサイト24,035 円17,985 円24,035 円17,985 円
サードパーティの小売ウェブサイト18,500 円18,500 円

上記のVMWare Proのバージョンの価格を対比して、サードパーティの小売Webサイトの価格は税抜きで約30%安くなっています。 公式価格と比較して5,000円以上の節約になりました。

最新のバージョンのVMware Workstationはタブレットコンピューターをサポートし、タッチスクリーン、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、光センサーなどを使用できます。さらに、新しいバージョンは複数のディスプレイをサポートするだけでなく、4KUltraHDもサポートします。 VMware Workstation Proは、物理コンピューター上のさまざまなネットワーク環境をシミュレートできる仮想ネットワークを構築する機能を提供します。その優れた柔軟性は、エンタープライズIT開発者およびシステム管理者に絶対的な利点を提供します。タイムスナップショット、ファイルのドラッグアンドドロップ、およびクリップボード、共有フォルダー、 PXEおよびWSXクロスデバイスアクセスのサポートも、IT管理者にとって最も必要なツールになっています。

VMWare Fusion 12 Pro

Fusion 12には、eGPUの互換性の向上、Kubernetesを使用して構築されたコンテナベースのアプリケーションのサポート、DirectX11とOpenGL4.1のサポート、サンドボックスレンダリングエンジンのセキュリティの向上、アクセシビリティコントロールの向上などが含まれ、さまざまな新機能が追加されています。

カーネル拡張のサポートの終了は進行中であり、Fusion 12はmac OS Catalinaのカーネル拡張で動作しますが、macOS BigSurはAppleのAPIを使用して仮想マシンとコンテナーを実行します。

さらに、Fusion 12は新しいライセンスシステムを導入し、無料の個人使用のためにFusion 12 Playerを追加します。 新しい商用ライセンスの公式価格は24,035円で、サードパーティの小売Webサイトの価格は18,500円です。

プロフェッショナル向けに、Fusion 12 Proは上級ユーザー向けの機能も追加し、VMware Workstation Proを実行しているWindowsまたはLinuxPCを含む最大3台のデバイスをサポートするライセンスを持っています。 Fusion 12 ProとWorkstation 16の新しいライセンスの公式価格は24,035円で、サードパーティの小売Webサイトの価格は18,500円です。

VMWare Playerは何ですか。

VMWare Workstation 16 Player

VMware Playerは、インストールや構成に問題なく製品をすばやく事前構成でき、インターフェイスは非常にシンプルであるため、専門家以外の方に適しています。

簡単に言えば、VMware Playerは、仮想システムの基本的なインストールと操作のみをサポートし(VMware Toolsをインストールできます)、スナップショットなどの高度な機能をサポートしない、高度に合理化されたVMware Workstationと同等ですが、完全に無料です。VMware Workstationは商用ソフトウェアです。

名称から、playerがプレイヤーであることがわかります。最初は、VMwareプレイヤーは仮想マシンを作成できませんでした(仮想マシンソフトウェアによって作成されたクライアントのみを開くことができます)が、現在のバージョンは実際のバージョンとまったく同じです。 VMwareプレーヤーに仮想マシンを作成する機能を持たせます。

Vmware ProとVmware Playerの違い

VMware Workstationは営利の有料ソフトウェアであり、認証の必要があります。VMwarePlayerは完全に無料のソフトウェアです。

VMwareワークステーションにはVMware Playerにはない多くの機能があります。例えば、スナップショット機能やPXEのサポートなど、。

Workstation Proは、仮想デスクトップを効率的に作成し、従業員、請負業者、または顧客に提供する必要があるITプロフェッショナル向けに設計されています。 さらに、アカデミックプロフェッショナルは、制御とセキュリティを強化しながら、コースに必要なすべてのコースウェア、アプリケーション、およびツールで事前構成された完全な仮想デスクトップを学生にすばやく提供できます。 したがって、それは専門家により適しています。

VMware Playerは、インストールや構成に問題なく製品をすばやく事前構成でき、インターフェイスは非常にシンプルであるため、専門家以外の方に適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X