ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Adobe Acrobat Proは、中小企業に電子署名とAIをもたらします

Adobe Acrobat Proは、中小企業に電子署名とAIをもたらします

Adobeが新たに発売したAcrobat Proは、零細企業を対象としており、電子署名のテクノロジーや、スマートウェブフォームやAI対応モバイルデバイスのPDFサポートなどのその他の新機能を備えています。

20210319-3

Adobeが新たに発売したAcrobat Proは、高度電子署名機能を備えており、デジタルドキュメントのワークフローを簡素化することを望んでいます。特に、新しいコロナウイルス中にドキュメントを処理するのが難しい零細企業向けです。

“私たちはAdobe Document CloudとAcrobatがドキュメント管理の全分野をカバーできます。” Adobe Document Cloudの副社長であるTodd Gerberは述べています。 「私たちは高レベルの商用製品から始めて、開発者テクノロジーを通じてアプリケーションにデジタルドキュメント機能を追加したい企業にサービスを提供します。」

最新のプラットフォームは新しいAcrobat Proであり、Gerber氏によると、会社は非常に小規模な組織を引き付けるためのプラットフォームを構築したという。 「私たちは主にウェブブラウザで働く企業を支援したい」と彼は言った。 「Dropbox、Microsoft Teams、ServiceNowなどの統合クラウドサービスアプリケーションを使用している企業。」

ただし、新しいAcrobat ソフトウェアバックを沢山顧客にとって魅力的なものにするため、アドビ会社はただ簡単に電子署名をAcrobatに埋め込んで、価格を下げるではありません。新しいレベルにはより高級な技術が含まれており、Adobe DocumentCloudの他のレベルも使用できます。

これらの機能には、顧客がデザインしたフォームをブランドのウェブサイトに埋め込むことが含まれます。電子契約と請求書をカスタムブランドに追加できます。そしたら、アドのロゴは自分のロゴに置き換えることもできます。最後に、あなたの顧客はAdobeとBraintreeおよびPayPalとの合作関係を利用できるようになり、ドキュメントまたはウェブサイトから直接支払い処理にアクセスできるようになりました。

Acrobat Proが人工智能を取得します。

「私たちも人工智能に賭けている」とGerber氏は語った。 「PDFドキュメントを処理する時にモバイルデバイスがそれほど苦痛にならないように、Acrobat Proに液体モード「リキッドモード」を追加しました。」

ガーバー氏は、液体モード(リキッドモード)は単に応答するだけではないため、モバイルデバイス用にPDFドキュメントのサイズを変更できると説明しました。また、AIテクノロジーはこれらのファイルを再編成できるし、ディレクトリまたはインデックスなどのコンテンツが新しいページに自動的に調整されるようにすることもできます。数と場所。 もう1つの優れた機能は、AIテクノロジーが独立したレイヤーであるということです。つまり、液体モードのリリース後に作成されたPDFだけでなく、古いPDFにも適用できます。

関係の情報

アドビが新しいAcrobat Pro階層を中小企業に向けている一部分の原因は最近500個の小企業に対する調査から収集した情報です。調査によると、昨年ドキュメントのワークフローがコロナウイルスの影響を受けたの状況でも、51%の企業も毎日紙のプロセスを扱っています。更に、小企業の経営者は、毎週平均16個キーファイルを署名と管理する必要があります。特に契約の場合、これは平均処理時間が6日であることを意味します。

Adobe的の調査によると、アドビのより大きい、企業向けのAcrobat階層は3桁の増長を遂げています。この流行病は売り上げの急増を引き起こします。その自身の研究によると、非常に小規模な企業の最大40%が、デジタルドキュメントの処理への切り替えることを考えています。これは高級な電子署名を備えたAcrobat Proの開発の主な推進力です。

アドビは、新しいAcrobat階層を提供しています。ユーザーあたりは月額19.99ドルのエントリー価格で、毎年支払われています。 この割引の期限が切れると、高級な電子署名を備えたAcrobat Proはユーザーあたり月額27.99ドルに跳ね上がります。 Gerber氏は、このレベルは実際には2〜9人のユーザーを抱える個々の事業者や零細企業を対象としていることを強調しました。 より多くのユーザーがいるプラットフォームを使用できますが、アドビは、他のレイヤーが大企業により良い価値を提供すると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X