ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Adobe AcrobatはGoogle Driveと連携して使用できます

Adobe AcrobatはGoogle Driveと連携して使用できます

直接クラウドハードディスクからPDFを作成、編集、共有します。

Adobe AcrobatはGoogle Driveと連携して使用できます-1

AdobeがAdobe Acrobatを発表するにつれて、Google Driveと統合され、クラウドでPDFファイルを処理することがより簡単になりました。

これは、Googleクラウドストレージソリューションを使用して2兆個以上のデジタルファイルを保存し、10億人以上の人が今はAcrobatのPDFツールを使用してGoogleドライバ内で作成、閲覧、注釈、修正、共有、署名することができます。

Adobe AcrobatはGoogle Driveと連携して使用できます-2

 

Google Driveを使用した既存のAcrobatユーザーも有益です。アプリケーション間での切り替えが不要になりますので、AdobeのPDFツールを使うだけです。

Google Drive統合用のAcrobat

Adobeの新しいAcrobat for Google Drive統合により、誰でも無料でPDFの閲覧、検索、注釈ができます。

Acrobat DCユーザは、DriveでPDFファイルを作成し、既存のPDFファイルを修正して組織し、複数のファイルタイプを一つのPDFファイルに統合し、一つのドキュメントを電子署名してその進捗を追跡し、PDFファイルを編集可能なMicrosoft Word、Excel、PowerPointまたはRTFファイルなどに導出することができます。

Adobe AcrobatはGoogle Driveと連携して使用できます-3

Google Driveは個人ユーザーだけでなく、多くの企業がGoogleのクラウドストレージサービスに依存しています。あなたのオフィスにIT管理者がいると、彼らは気軽にあなたとあなたのチームのために統合スイッチを入れることができて、あなたは直接Driveからpdfファイルを使用できます。

Adobeによると、わずか数週間の間に、IT管理者はすでに20万人以上の大企業の従業員に統合機能を導入しました。

ご興味があるユーザーはG Suite Marketplace からインストールして Adobe Acrobat for Google Drive を統合できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X