ご来店誠にありがとうございます。ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。ご注文の前に「お買い物ガイド」をチェックするようにお願いします
Home / Blogs / Acrobat ReaderとAcrobat Proの違い

Acrobat ReaderとAcrobat Proの違い

今日の記事では、PDFプロジェクトに使用するプログラムを決定するのに役立つのため、Acrobat ReaderとAcrobat Proの違いについて説明します。

先ずは、費用の問題を説明します。Acrobat Readerは無料です。Acrobat Proは年度のサブスクリプションと一回限りの形で提供します。年度のサブスクリプションはAcrobat Pro DCと言われます。(DCはDocument Cloudの略)Acrobat Pro 2020を永続的に使用するための一回限りの購入と呼ばれます。AdobeもAcrobaと呼ばれる簡単バージョンも提供しています。現在、これはWindowsに適しています。

次の写真は、2021年のバージョンのAdobe Acrobat ProとAdobe Acrobat Readerを示します。Adobeはたまにインターフェイスを変更することがあるため、ソフトウェアがこれらの画像とわずかに異なる場合があります。

注釈ツール(編集ツール)

私たちほとんど思っている編集ツール、(注釈、取り消し線、挿入、強調表示など)、Adobeが注釈ツールと呼んでいます。 これらのツールは、AcrobatProおよびAcrobat Readerの最新バージョンに含まれています。

20210319

2つのプログラムの大きな違いの1つは、コメントの作成と印刷、要約の編集、およびコメントと編集のMicrosoft Wordへのエクスポートを許可できるのはAcrobat Proだけであるということです。

さらに、Acrobat Proには、テキストを選択してコメントポップアップウィンドウにコピーするため、もっと多いオプションも用意されています。

編集ツール

Acrobat Proでは、編集ツールはテキスト編集とは関係ありませんが、テキストボックスの追加、移動、削除、書き換え、画像、透かし、ヘッダー、フッター(ページ番号を含む)の追加など、テキストと画像を直接操作します。 これらのツールは、Acrobat Readerでは使用できません。

20210319-1

Microsoft Wordの転換

Acrobat Proのエクスポートツールを使用すると、PDFをMicrosoft Wordファイルやその他のさまざまな形式に変換できます。 Acrobat Readerには、追加のソフトウェアパッケージを購入しない限り、この機能は含まれていません。 多くの作家や編集者にとって、これは2つのプログラムの重要な違いです。なぜなら、Wordの変更追跡ツールを使用してPDFを編集するには、PDFをWordファイルに変換する必要があるからです。

20210319-2

他の違い

以下はAcrobat Proだけ提供されているいくつの追加機能:

  • 空白のPDFまたはその他の空白のページを作成する
  • 組み合わせるファイル
  • 比較のファイル
  • ブックラベルを作成する
  • 外部のリンクを作成する
  • 内部のリンクを作成する
  • アクションボタン(ナビゲーションボタンやページビューボタンなど)を作成します
  • ファイルを追加する
  • ページを整理(つまり移動)する
  • パスワード保護のファイル
  • テキストと画像を編集する

ご覧のとおり、Acrobat ReaderまたはAcrobatProのどちらを使用するかはあなたのニーズによって異なります。 PDFをWordファイルに変換したり、PDFを比較したり、PDF内のページを移動したりすることが多いため、AcrobatProを使用しています。

現在Adobe Acrobat Pro 2020は特別有利な価格で販売されており、WindowsPCとMacOSの使用をサポートしています。Acrobat Pro2020は完全に機能し、永久に使用されます。

Adobe Acrobat Pro 2020 Mac日本語ダウンロード版|永続ライセンス|シリアル番号を購入¥38,000 (税込)

Adobe Acrobat Pro 2020 Windows日本語ダウンロード版|永続ライセンス|シリアル番号を購入¥38,000 (税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X
X